スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ヒルトン東京ベイ

 2009-09-30
ディズニーリゾートラインの「ベイサイドステーション」で降り、
ヒルトン東京ベイ行きのバス停で待つ。
目の前にヒルトンは見えていて、徒歩でも3分。
子供のお目当てのディズニーリゾートクルーザーでは1分。
夫と下の子はアンバサダー宿泊時に乗ったけど、私と上の子は今回が初めて。
隠れミッキーを探すのが楽しいらしい。

DSC07109_convert_20090930205822.jpgDSC07110_convert_20090930205847.jpg
DSC07114_convert_20090930205939.jpgDSC07112_convert_20090930205901.jpg

このバス、どれも同じかと思ったら、ホテルを巡回するのはドアが2ヶ所あって、
車内は対面シート、舞浜駅に行くのはドアが1ヶ所、車内は通常のバスタイプなのね。
至る所にミッキーがいてかわいいわ~

ヒルトンのロビーはそこそこゴージャス。
Hオーナーズカウンターでゴールドカードを見せると、椅子のあるカウンターに通され、
椅子を引いてくれた。座ってチェックインさせてくれるのね。
夫と子供達はプレイスペースで遊び中。
朝食券2枚とフィットネス利用券、レストラン割引券を頂く。
タダで宿泊するのに、申し訳ないぐらい。子供用アメニティは既に部屋にあるそう。
ポーターが預けた荷物を持って部屋に案内してくれる。
「今日はどちらのパークに行かれたのですか?」など話しながら。
グアムでは感じられなかったホスピタリティーに溢れている。
エレベーターで5階に降りると、降りた所からハッピーマジック(笑)

↓エレベーターを降りた所 木の中には動物がいる  ↓廊下 中央は吹き抜け
DSC07137_convert_20090930212012.jpgDSC07134_convert_20090930211935.jpg

↓各部屋のドアにも動物が描かれている 我が家は507号室 ロバの部屋
DSC07136_convert_20090930211950.jpgDSC07117_convert_20090930205952.jpg
DSC07124_convert_20090930211805.jpgDSC07125_convert_20090930211819.jpg

部屋に入るとホテルHP通り。とってもかわいい♪
そして広~い♪♪♪ 東京ベイが見渡せる♪

↓部屋からの景色                   ↓頂いたクーポンなど
DSC07126_convert_20090930211837.jpgDSC07128_convert_20090930211850.jpg
↓クローゼット                      ↓子供用パジャマやスリッパあり
DSC07120_convert_20090930210034.jpgDSC07121_convert_20090930210045.jpg

一通りアメニティを確認して、子供達お待ちかね部屋の中の仕掛けを試してみる。
ヒルトンが作成した絵本が置いてあり、物語通りの仕掛けがしてあるの。
こりゃ、子供は喜ぶわ~

↓本がめくれる                      ↓鍵を鍵穴に入れると光って音楽がなる
DSC07150_convert_20090930212215.jpgDSC07122_convert_20090930211735.jpg

↓スイッチを入れると女の子が現れる(夜暗い中で見たら女の子の顔があってビックリ 笑)
DSC07123_convert_20090930211748.jpg

掃除は行き渡っているし、特にバスルームにカビっぽさが全くない。(ザ・神経質)
リノベーションされたばかりのお部屋なのかしら???
広い部屋にシングルベッドが3台、シングル1台に私と下の子の添い寝はさすがにキツイ。
ベッドが動いたので、2台くっつけて私と子供2人で寝てちょうど◎だった。
部屋がこんなに広いなら、ダブルかクイーン2台でもいいんじゃない?
あとで聞いたら、パーク側のベッドは少し広めらしい。
次回は(次回があるのか?)パーク側を指定したい。
文句なしに快適だったけど、贅沢を言えば、バスジェルがなかったの。
旅行のときぐらい泡風呂を楽しみたい。子供達も楽しみにしている。
ハウスキーピングに電話したら「ご用意していません」とさ。
アメリカ系のホテルなのにねぇ~ 残念な点はこれだけ。

↓高機能シャワー                   
DSC07132_convert_20090930211921.jpg
↓バスカーテンもかわいい♪             ↓アメニティ
DSC07119_convert_20090930210022.jpgDSC07129_convert_20090930205917.jpg

定価(43000円)を出して泊まるか?というと悩んじゃうけど、リピしたいホテルだわ。
特に掃除面では、アンバサダーより完璧♪ ぜひおすすめしたいホテル。

翌朝は朝食券を使ってレストランへ。
7:30-8:30は混雑すると書いてあったので、子供が早起きな我が家は7時すぎに
レストランへ行くと余裕で入れた。
朝食券は2枚しかないので、上の子は自腹で2200円、下の子は無料。
レストランは滝?が流れていて、天井には雲のようなオブジェがあってライトニングも素敵♪ 
ソファ席やベンチシートなど色々工夫されている。
しかし、我が家はどんどん奥に案内され、なんとVIPエリアに通される!
プールと日本庭園が見える落ち着いたテーブル。
子連れなのでどこでもいいです・・・と言いたくなるような静か~なテーブル。

↓VIPエリア
DSC07139_convert_20090930212027.jpg
DSC07141_convert_20090930212042.jpgDSC07142_convert_20090930212055.jpg

広いレストランなので、ビュッフェは2ヶ所、同じ料理が置いてある。
ここの良いところは「Kid's Breakfast」といって子供用のビュッフェエリアがある。
低めのテーブルに子供が好きそうな料理が並べられていて、自分で取れる。
子供って自分で取りたがるからこれは嬉しかったみたい。
卵料理は好みのものを伝えると焼いて持ってきてくれる。
焼いているシェフに直接頼んで、待っている人もいる。
お料理は、洋食、和食などのアラカルトで種類も味もまあまあ。
雰囲気がとても良く、お料理が常に補充されるので申し分ない。

夫はVIPエリアに通されたのが嬉しかったのか(←単純)、
「Hオーナーズ、今年も更新すれば?」と言い出した。
私はこの宿泊が終わったら解約しようと思っていたのに~
Hオーナーズ更新ってことは、来年のグアムはまたヒルトン!! エェーッ
密かに「ハイアット」を検討していたのに・・・
しかし、グアムで宿泊すれば、またここに無料で泊まれる♪

去年はキャンペーンの年会費8400円で、
グアムヒルトンのアップグレード
朝食券2枚X4日分(20000円ぐらい)
東京ベイの無料宿泊(43000円)
朝食券2枚(7200円)
と元はすっかり取れてお得だけど、今年の更新料は13800円。
使えばお得なのは分かっているけど、ヒルトン使いにくいのよ・・・
うーん、どうしよう???

話を戻して、
食後レストランを出るときは、入り口は行列。
Hオーナーズの優先ラインを発見! 朝慌てて来なくても大丈夫だったのね。

ハッピーマジックルームはわからないけど、ヒルトンの宿泊は楽天などで格安なプランがあるし
ディズニーリゾートに遊びに行くにはぴったりなホテル。
1階にはスタバやコンビニもあるので、食事を安く済ませたい人にも◎

↓ヒルトン内のディズニーショップ           ↓ロビーにあるスタバ
DSC07148_convert_20090930212202.jpgDSC07155_convert_20090930212226.jpg

↓プレイエリアは2ヶ所ある ホテルスタッフの制服を着て写真撮影もできる
DSC07147_convert_20090930212144.jpgDSC07146_convert_20090930212108.jpg

ホテル、レストランのスタッフの対応も非常に良くて、久しぶりにホスピタリティーを
感じたホテルだったわ。また泊まりたいな♪(やはりHオーナーズ更新か?)
帰りは舞浜駅までリゾートクルーザーに乗る。

DSC07158_convert_20090930212238.jpgDSC07159_convert_20090930212251.jpg
おわり
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kshino.blog50.fc2.com/tb.php/76-3bcb407d
  • ヒルトン東京ベイの宿泊記【高級ホテル宿泊記リンク集】
    ヒルトン東京ベイ〒279-0031千葉県浦安市舞浜1-8TEL 047-355-7106(宿泊予約直通)FAX 047-355-5019ディズニーリゾート特集 ヒルトン東京ベイヒルトン東京...
【2009/10/01 15:52】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。