スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

エピペン

 2011-07-28
本日から大阪へ帰省してきます~(私は1泊だけ)

さて、こちらでも何度か話題に出してますが、
我が娘は「運動誘発性アレルギー」を持っている。
甲殻類を食べて運動するとアナフィラキシーショックを起こす!!
じんましん&呼吸困難になって一度救急搬送されたことがあるの。

赴任が決まってすぐにかかりつけ医に相談すると、
食生活(中華料理)のことを考慮して、
「エピペン」(自己注射する補助治療剤)を持参した方が良いとアドバイスされた。
念の為、上海のクリニックにエピペンは入手可能か聞いてみた。
「上海では入手できないと思う。アナフィラキシー症状については
適切に治療できるので、あまり心配しないで下さい。」と
温かい言葉が添えられていた。

かかりつけ医にエピペンを処方してもらうようお願いした。
(資格を持った医者しか処方できない)
税関がスムーズに通るように英文書も一緒にお願いした。

準備ができたと連絡が来て、看護師から使用方法の説明を受け、
必要書類に記入し(届け出が必要)、小児科医から再度説明を受け、練習する。
驚くことに練習用のエピペンが添えられていた。
自宅でも説明書を熟読して、使用方法のDVDを見て、何度も練習する(笑)
小児科医は励ましの気持ちも込めて
「日本国内に娘さん同様の症状を持つ子供は5%いる。
でも、実際エピペンを使用したのはたった3人だから、使用することはないと思うよ」と。
「でも、おかしいと思ったら迷わず打つこと!!」と念押しされた。

専用ケースに入れて厳重に保管!     トレーナー(忘れないようにたまに練習しなくちゃ!)
DSC03737.jpg DSC03738.jpg

出番がないことを祈るわ!!
結局私が打つことになるだろうし、解毒剤を打つジャック・バウアー(24)状態になるのね。
ってこんなときに冗談言うな!!だけど・・・

小学校は毎日お弁当なので安心、外食も今の年齢だと両親のどちらかが一緒の可能性大。
うちの娘の場合、食べる分にはOK。その後運動をしなければいいの。
本人も十分気をつけているし、私と夫がさらに気をつければ大丈夫だよね。
ふー がんばろう!

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kshino.blog50.fc2.com/tb.php/671-93a43bcb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。