スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

子連れ旅行のヒント③

 2009-09-11
2009/09改訂(前ホームページより)

コンドミニアム滞在

コンドミニアム滞在

今回初めて本格的なコンドミニアムに滞在しました。
今までは「旅行に行ってまで料理は作りたくない!」と思っていましたが、
ディッシュウォッシャーが付いているので後かたづけがまったく苦になりません。
キッチン周りに関しては、冷蔵庫はもちろん電子レンジ、オーブン、
ディスポーザー(生ゴミ処理機)が付いているので、子供の好きな食事を作ることもできるし、
親は簡単に冷凍食品をチンしたり、To Go(テイクアウト)して部屋で
温め直して食べることもできます。もちろん本格的な食事も作れます。
人数が多ければBBQグリルを借りて、アメリカンビーフを焼いたり、
ハンバーガーを作ったりするのも楽しそう。
また洗濯機と乾燥機が付いていたので、外出前に洗濯をセットして戻ってきたときには
しっかり仕上がっているという魅力的なこともあります。
アメリカの合理的な面を垣間見られました。

アメリカの電化製品の使い方(機種により多少違いはあります)
日本の高機能でコンパクトな電化製品を使い慣れていると、なんじゃこれ?って思うこともしばしば。
でも、とてもシンプルなので難しいことはありません。
滞在を少しでも快適にする為にぜひ活用して下さい。

ディシュウォッシャー: 
①お皿の汚れをサッと水で流すか、紙で拭くかキレイにし、ディッシュウォッシャーにセットする。
(ナイフなど危ない物はかごに入れる)
②扉内側に洗剤を入れる穴があるのでウォッシャー用洗剤を投入し、
汚れに応じてダイヤルをセットするだけ。(ダイヤルを合わせると水が流れる音がする)

ディスポーザー(生ゴミ処理機):
アメリカではほとんどシンク内の排水溝がディスポーザーになっています。
大きなキッチンだと、2つ排水溝が付いていて、その1つ(だいたい小さい方)がディスポーザー。
①排水溝の中に生ゴミを詰め込む。
②必ず!水を流しながらスイッチを入れる。(ガーッという音と共に生ゴミが小さく刻まれます)
スイッチはシンク周りに電気のスイッチと同じ形であることが多い。
排水溝は深めに出来ていますが、(当たり前ですが)絶対に手を入れないで下さい。
生ゴミを詰め込むときは必ず箸やスプーンの柄の部分で。

洗濯機・乾燥機:
日本のものとかわりません。汚れに応じてダイヤルをセット。
洗剤は洗濯機中央に入れるタイプとそのまま入れるタイプがあります。
(わからなければそのまま入れてOK)
乾燥機も、ダイヤルを回すだけ。
アメリカは電圧が大きいのであっという間にしかもふっくら乾きます。
日本のように何時間もかからないので便利です。
だたし綿以外の衣類は縮みやすいので要注意!
スーパーマーケットに、ペーパー式の柔軟剤が売っています。
衣類を乾燥機に入れるときに一緒に入れると良い香りが付き、静電気も防止できます。

スーパーマーケットのおすすめ食材
スーパーマーケットへ行くと、商品の豊富さ、大きさに驚きますよね。
そして同じ商品でもやたらと「Low Fat」「Fat Free」とヘルシーさを強調した商品が多いです。
(いくら低カロリーでもあの量を食べたらヘルシーじゃないと思う)
私個人としては人工甘味料が苦手なので「ダイエットペプシ」ぐらいしか受け付けません。
Low Fat製品はできるだけ避け、普通の物を購入しています。
下記は私が好きなスーパーで売っている食材です。
コンド滞在のお楽しみに加えて頂けると嬉しいです。

●フレッシュオレンジジュース 
小さいサイズから大きいサイズ(1.5リットルで9ドルぐらい)まであり、
お値段はちょっと高いですが、高級ホテルの朝食で飲むような
つぶつぶフレッシュオレンジジュース。
日持ちがしないので冷蔵庫に保管し、開封後はすぐに飲みましょう。
野菜やフルーツ売場に置いてあります。 
商品名:NAKED

●スウィートポテト
中身がオレンジや紫など何種類かあります。できれば地元の特産品を購入すると良いです。
ラップに包み、レンジでチンするだけ。
そのままでも十分に甘いですが、バターを塗ったり、
チリビーンズをかけて食べると立派な一食になります。

●ベーグル
アメリカに旅行したら必ず食べます。毎日食べても飽きません。
保存食、卵を使っていないのでローカロリーです。
5個パックで売っていることが多いのですが、おすすめは「シナモンレーズンベーグル」を
半分に切ってトーストし、クリームチーズを塗る定番の食べ方。
クリームチーズも色々なフレイバーがあるので、プレーンベーグルにストロベリークリームチーズ、
パイナップルクリームチーズを塗っても○。
プレーンベーグルにターキーを挟んでサンドイッチにしても美味しいです。

●ヨーグルト
Low Fat、Fat Freeなど低カロリーの物が多く(それでもかなり甘い)、
レギュラーのプレーンを探すのは至難の業?
探せたとしても1リットルサイズの大きな物だったりします。
子供に少しあげたいときにはちょっと・・・
日本のヨーグルトの方がクリーミーでダントツ美味しいです。

●シリアル(牛乳)
手軽に朝食を食べたいときにおすすめ。
しかし、未だに美味しい牛乳に出会ったことがありません・・・
Low Fat、Fat Free、ビタミンD牛乳を試しましたがどれもまずい。
水みたいでなんの味もしないのもありました。日本の低脂肪とは大違い。 
シリアルは驚くほどの種類がありますが、牛乳が美味しくないので、
お菓子としてしか食べたことがありません。
私が試した牛乳:メドウゴールドの赤パッケージはまあまあ飲めます。

●アイスクリーム
これまた種類が豊富です。そしてどれもこってり甘い!
重度の甘党の私が甘いというのですから相当な物です。
おすすめは「ゴデュバ」のアイスクリーム。チョコレートベースで5種類ほどあります。
日本の半額以下で買えるので全種類制覇も夢ではありません(笑)

●ホイップクリーム
乳製品のコーナーでスプレー式のホイップクリームが売っています。(4ドル前後)
プレーン、ストロベリー、チョコレートとありますが、おすすめは定番のプレーン。
アイスクリーム、コーヒー、ワッフルにかけると美味しいです。
旅行中はダイエットのことは忘れましょう。
お土産に持ち帰る方も多いとか。

●冷凍食品
ワッフル(トースターで焼けます)、ラザニア、チーズ&マカロニ、ピザはおすすめ。
電子レンジでチンするだけ、お夜食にもイケます。(ちょっとヘビーだけど)
ピザは日本の4人前サイズが一番小さなサイズですが、
ラザニアはよく探すと1人前用もありますので、まずは少量から試してみてはいかがでしょうか。

●チョコレート●
日本では超甘党の私も、アメリカに行くとチョコレートを食べなくなります。
よって、お土産用になってしまうのですが、サンクスギビングデーやバレンタインズデーシーズンに
なると、かわいいメッセージ入りのチョコレートがわんさかあります。
日本未発売のチョコレートもたくさんあるので全部買いたくなってしまうかも。

コンドミニアムに泊まるときにあると便利な物
(現地で捨てても惜しくないように100円ショップで購入しています)
サランラップ:
電子レンジを使うとき、残り物をラップするときに便利。アメリカのは切れにくいし、高いです。

割箸:
やっぱり日本人、料理を作る際にもお箸があると便利

麦茶入れ(ポット):
子供用の飲み物に麦茶を作るときに便利

子供用のカトラリー:
普段使っている物が一番

包丁:
コンドに備え付けの物は切りにくいです。
セキュリティーに引っかかることがあるので預ける荷物の中に入れましょう。

キッチンハサミ:
子供に与える食べ物を切るのに便利ですが、
上記の理由があるので現地で購入する方が良いかも。

④へ続く
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kshino.blog50.fc2.com/tb.php/57-c49383e4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。