スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

マイク・ハー 広島イベント レポ③

 2009-07-20
最後の挨拶

常に興奮状態で、かなりの疲労感が・・・ 
マイクは常に先回りして準備しているのでもっと疲れたことでしょう。
マイクは現地の中国新聞社のラジオ番組に出演するとのこと。
その間私たちは平和記念公園を散策、バス車内でマイクの生放送を視聴しました。
その後原爆ドームをガイド付きで観光し、マイクが現れる場所で待機。
原爆の子の像付近だったので、一般の方もたくさんいました。
そこへマイクが現れました。

挨拶1

挨拶2

デニムに白いシャツにベストとよく見る格好です(笑) 
シャツは細かい柄が入っていておしゃれでした。
外国人観光客が「マイク・ハー」と大声で呼ぶので、マイクはちょっと苦笑してました。
ここでも自分で考えた日本語メッセージを読み上げて、中国語でも挨拶し、
立ち去ろうとしたら、スタッフが「マイクさん、最後にファンの方の近くに」と
声をかけてくれたので、マイクが近くにくるとそれはもうたいへんなことになっていました。

挨拶3

しかし、バスに乗り込むまで一緒に歩き、握手に応えたり、
会話したりと変わらず優しかったです。
お子さんが2人参加していたのですが、たくさんのファンが囲む中、
1人のお子さんに気がつき、わざわざ立ち止まって屈みながら
「Kiss Me」と言って、お子さんはマイクのほっぺにチューしてました。
バスに乗り込んでからもずっと手を振っていて、またお子さんに気がつくと、
「おいでおいで」をしてバスの窓(開かない)までお子さんがくると泣くマネをしてました。
マイクの優しさが溢れていました!!
マイク自身本当に疲れていたと思うのですが、ファンサービス満点で、
これが人気の秘密なのね~と実感!

触れ合いは1日目だけと思いこんでいたので、まさかまさかの連続でした。
今まで豆粒イベントに慣れていたので(笑)、今回の予想外の交流の多さ、
近距離感にはただただ驚きました。
スタッフの方が「大人しい」と言っていましたが、それは通常のイベントの警備が厳しすぎて、
大人しくならざるを得ないのに慣れてしまったからかと思います。
こんなイベントが日本で行われるだなんて、参加できたなんて本当にラッキーでした。
写真撮影のマナー等問題があったかもしれませんが、
最後にバスの周りにたくさんのファンが集まり、
バスが出発するときにスタッフが「離れて下さい」と言ったら、
みなさん素直に一歩後ろに下がり、なんの問題も起きませんでした。
日本人ファンはマナーが良いという印象を与えたのではないかしら?
マイクが気さくで、優しくて、かっこよくて、大大大満足なイベントでした。
思い切って参加して良かった~♪
スポンサーサイト
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/21 20:46】 | # | [edit]
コメントありがとうございます。
のちほどメールします。
【2009/07/21 22:18】 | umito #/p1nTf8Q | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/21 22:28】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kshino.blog50.fc2.com/tb.php/4-090617b7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。