スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

実は・・・

 2010-08-11
先週5日間は、香川→岡山→大阪へ帰省を兼ねた旅行をするはずだった。
岡山に到着した2日目、実父が危篤との連絡が入る。
実は家を出発する数日前に入院した。
今年に入ってから体調が悪く、これが3度目の入院。
また元気になって退院するかと思い、旅立った。
連絡をもらったのは夜で、ど田舎の岡山から東京へ移動する手段はなく、
翌日早朝に岡山空港から東京に戻った。
始発フライトのJAL便では機内トラブルに遭い、1時間半も機内に閉じ込める羽目に(涙)
半日かけて父が入院する病院に到着し、なんとか父の最期に間に合った。

私が子供の頃から体の弱い父、今年に入ってからは入退院を繰り返していたので
私の中で既に覚悟はできていた。
最期は意識はなかったけど、呼び掛けにはなんとなく反応していた。
特に孫からの「おじいちゃーん」の呼び掛けには目を開けるほど(驚)
私が言うのはおかしいけど、晩年の父は二世帯住宅に住むかわいい一人娘(←私)と
かわいい孫達に囲まれて非常に幸せだったと思う。

私は父親っ子だった。父親の行くところならどこにでもついて行った。
中学生の頃、ジャ○ーズのファンになり、観覧が夜遅くなるときは
父親の職場近くのTBS前や会場の前で帰りを待ってくれていた(笑)
その後夜食を食べて帰宅するのが何だかとても楽しかった♪
高校生になると、当時付き合っていた彼氏のことでかなり険悪な雰囲気に。
娘を思う親心なんだろうけど、当然当時の私には理解できず・・・

結婚して子供が生まれると、出張で夫が不在がちな私を心配して、
子煩悩な父は、わざわざ電車を乗り継いでやってきては、
朝から晩まで孫の子守をしてくれた。
二世帯で暮らすようになってからはさらに子守炸裂(爆)
子供たちの大好きなおじいちゃんだった。
息子の手先が器用なのは、おじいちゃんが根気よく工作に付き合ってくれたおかげ。

そんな父が73歳まで生きられたのは、大往生と言ってもいいだろう。
子供はかなりショックだったようで、特に初孫でもある娘はおじいちゃんと2人で
箱根旅行へ行くほど仲良しだった(笑) 
岡山から戻ってすぐ病院での父を見ると、繊細な娘は高熱を出すほどショックを受けていた!
私はというと、父が亡くなったことを実感しているものの、悲しい気持ちは全くない。
どちらかというとホッとした気持ちが強く、自分でも驚くほど落ち着いている。
葬儀になれば涙が出てくるのか?と思っていたのに、結局葬儀も冷静なまま・・・
私はどこかおかしいのか???
冷たい人間なのかしら? ここまで冷静な自分がよく分からなくなってきた。

私を始め母も意外と落ち着いていたので、おかしな言い方だけど「明るい葬儀」だった。
親戚たちが集まって和やかな雰囲気で滞りなく終わった。
しかし、小ぢんまりした葬儀でも、打ち合わせることが多くて疲れた~
一般的な葬儀のこと、戒名のこと、お金のことなど自分の無知さに驚いた。
良い勉強になったわ!!

葬儀を終えて一段落。また通常モードへシフトして行こう!!
スポンサーサイト
コメント
ご冥福をお祈りします。

最後に間に合って良かったですね。
本当に。。。
きっと、今は冷静だと思うけど
月日が過ぎると思い出や顔が浮かんで
悲しく・寂しくなるものだょ。

私の姉も亡くなった時、冷静な自分もいたけど
残された幼い姉の子供が心配やった。
それからドンドン姉との思い出が懐かしく
寂しく恋しくなったから。。。

覚悟を決めてただろうけど、そこにいない存在が
きっと月日とともに寂しさを募らせるから
umitoちゃんもお父様との思い出を大切に
してね。
気の利いた言葉も見つからずごめんね。
【2010/08/11 23:26】 | yukari  #RRRmyRxU | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/08/12 00:01】 | # | [edit]
yukariさん

ありがとうございます。
お姉さんはお若くしてお亡くなりになったのですね。
お子様がいたとは・・・お心お察しします。

友人にも「後からくるよ」と言われているものの
自分でもびっくりするほどあまりに冷静なのでとても複雑です。

励ましのコメントありがとうございました。
【2010/08/12 11:33】 | umito #/p1nTf8Q | [edit]
鍵コメさん

お母様とお二人ということは知っていましたが、そうでしたか・・・
私は兄弟がいないので、父の通院の送迎やお見舞いは一手に私がしていましたし、
鍵コメさん同様「できるだけのことはした」という気持ちはあるのですよ。
自己満足の世界だけど、悔いる気持ちがないので、冷静でいられるのかもしれません。

既に気持ちは落ち着いているので、また叫びに行かせてもらいますね(笑)
いつも温かいコメントありがとうございます♪
【2010/08/12 11:39】 | umito #/p1nTf8Q | [edit]
大変だったね…
知らなかったとはいえ、大変な時に台湾から呑気にメールを送っちゃってごめんね。
返信メールがちょっと元気ないなぁ~とは思ってたんだけど…

心よりご冥福をお祈りします。

私が言わなくても充分わかってると思うけど、お母さまをいたわってあげてくださいね。
【2010/08/12 12:29】 | 小真♪xiaozhen #nDSfo7Hk | [edit]
小真さん

コメントありがとう~
どうやって東京に戻ろうか考えていたところ、小真さんのショウくん映像が届いたの(笑)
台湾からのメールに癒されたよ♪

仔イベはめちゃくちゃ良かったみたいですね。
またレポ楽しみにしています!

お気遣いありがとうございます~(涙)
【2010/08/12 13:23】 | umito #/p1nTf8Q | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/08/13 01:03】 | # | [edit]
心よりご冥福申し上げます
大切な人との別れは、悲しく、寂しいものですね
覚悟ができていても、悔いの残らないぐらい
つくすことができていても・・・・・

時間が少したつと、寂しさもましてくると
思います。
いろいろな手続きやらで、バタバタすることも
多いと思います。
どうぞお疲れをだされませんように。


【2010/08/13 09:33】 | mizuho #- | [edit]
鍵コメさん

コメントありがとうございます。
私も祖母のときは泣いていたのですが、実父なのになんで?って感じです。
後々からくるのでしょうか?
残された母に親孝行してあげようと思います。
(実際はキツイ言い方ばかりしてますが)
【2010/08/13 12:11】 | umito #/p1nTf8Q | [edit]
mizuhoさん

コメントありがとうございます。
昨日は子供たちとトランプをしていて、
「父もよくトランプしていたなぁ~」と懐かしく思いました。
時間が経つと徐々に思い出しますね。
お気遣いありがとうございます。
【2010/08/13 12:15】 | umito #/p1nTf8Q | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kshino.blog50.fc2.com/tb.php/379-631e2763
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。