スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

第1001回「経験したアルバイトの数は?」

 2010-07-13
初めてブログネタを書いてみようかしら?
アルバイトは数えきれないほどやりました。
遊ぶお金欲しさに(笑)

高校に入学してすぐ、ファミマ、セブンイレブン、ロッテリア。
高校後半では、破格の時給1300円の割烹料理店でバイト。
様々な作法を教えてくれたし、美味しいご飯は出るし、お金もたくさん稼げた(笑)
途中中断はあったものの、結局3年間ぐらいは在籍していたの。
このバイトの途中にイギリスへプチ留学したときには、お餞別をくれたりと暖かい職場だった。

就職が内定した短大2年の夏頃から、卒業旅行の費用稼ぎが始まった。
1ヶ月間アメリカを旅する計画を立てていたの。
費用は親を充てにできなかったので、自力で準備しないといけなかった。
↑の割烹料理店と掛け持ちで、週末だけコンパニオンの仕事を始めた。
当時バブル真っ最中だったので、事務所に登録しておけば仕事はバンバンもらえた。
展示会の受付やブースでパンフレットを配布する仕事。
企業によって様々な制服を着られたし、ただニコニコしていれば良かったので
ラクして良い日給を貰っていた。

そして1ヶ月だけ、お水の世界にも片足を突っ込んだ。(足首程度かな)
ある日友達と新宿で待ち合わせてしていたら、中年の女性に声をかけられた。
カニやステーキで有名な六本木「瀬里奈」のスカウトマンだった。
「瀬里奈」と言えば「カニ」のイメージが強かったので(爆)、
お運びさんの仕事か?と思い話を聞くと、高級クラブで働かないかとのこと。
怪しいお店じゃないし、会員制なので変なお客さんはいない、
一度見学に来て!と名刺を渡された。
かなり悩んだけど、きれいな着物が着られるし、何と言っても時給が破格!!で魅力的。
母親に(クラブのことは隠して)「瀬里奈」の話をすると
「あんな高級カニ店で素人のあなたが働けるの?」と驚かれた。
(カニ店じゃないんだよ・・・)

スカウトマンが女性だったのが安心感を与えた。
事務所に電話したらしっかりしたオフィスだったので(笑)さらに安心できた。
クラブのマネージャーの面接を兼ねて、会って話すことになった。
新宿の高級カフェで待ち合わせし、瀬里奈のマネージャーも同席した。
私の都合の良いように、終電に間に合う時間で良いと言う。
不安もあるだろうから、お店を見に行くか?と言われたので、
タクシーで六本木のお店まで行った。
当時六本木のそのエリアは瀬里奈チェーンだらけだったので、
だいたいの場所は知っていた。
しかし高級クラブ、それはもう私の想像以上にかなり高級だった!
だだ広いフロアにシャンデリアと革張りのソファがあり、至る所にきれいなお姉さんがいる。
メイクルームには専属のヘアメイクさんがいて、着物部屋から着物を選んで着付けしている。
(このクラブは着物を着なければいけない)
普通の着付けじゃなくてモダンなの♪ 髪型も今はやりの盛りヘアーみたいな感じ。
とにかくすごい衝撃を受けた。

とりあえず週3で働くことになった!(即決)

初日はとにかく緊張。お店での名前も頂き、名刺も作ってもらった。
着物もヘアスタイルもメイクも全てお任せし、されるがまま状態。、
入店する前にマネージャーに挨拶に行くと、全身チェックされ(爆)
「いいんじゃなーい」と。(←ピーコか?)
「プロじゃないんだから、緊張しなくていいよ」
一つだけ注意事項を言われる「ボーイさんとの社内恋愛は禁止だからね」と。
そう、案内係、氷やおしぼりを配るボーイさんはみんなイケメン。 
緊張しながらもボーイチェックは抜かりない(笑)

私の仕事はヘルプのヘルプって感じで、担当のお姉さんのフォローをするだけ。
当然指名を受けるわけでもなく、アフターに付き合うわけでもない。
フォローと言ってもね、お姉さんが水割りを作るし、たばこに火を付けたりするので
私は何もすることがない。
氷がなくなったら手をあげてボーイさんを呼ぶことぐらい(笑)

お姉さん方は顔小さいし、スタイル抜群で本当にキレイ。
カラオケが始まると、芸能人並みにステージで艶やかに歌う。
マネージャーが言ってたけど、私みたいな学生アルバイトじゃなくて、
本業にしているお姉さん方のほとんどは芸能事務所かモデル事務所に所属している。
そちらだけでは食べていかれないので、クラブで働いているんですって。
どーりで、一般人とは違うはず!! オーラがあるんですもの。
メイクルームでは、所詮学生の私なんかはライバル視もされないので、
お姉さんはとても優しくしてくれた。
「若くていいね~」とか良く言われた。(お姉さんも十分に若いが・・・)

一週間が過ぎ、ちょっと慣れてきた。
しかし、元々人見知りするし、おっさんと話をすることに慣れていなかったので(笑)
何を話して良いか分からない。
これが結構苦痛でね・・・ 私にはこの仕事向かないなと思い始めた(早っ)
コンパニオンはニコニコ笑顔を振りまけば良いけど、こちらはトークが重要でしょ。
有名企業のお偉方さんばかりだから、変なことは言えないしね。
そうそう、お客さんはみんな紳士で変なおやじはいなかったの(笑)
それは良いんだけど、話すことがないのよ。

ある日、お客さんが「就職決まっているの?」と聞いてきた。
話の流れで「もし内定先の人事部の人がこの店に来たらまずいでしょ」と言われた。
「ゲッ!!」
そうだ、もしバレたら内定取り消しされるのかしら???
頭の中はそのことばかり!!(爆)
私は商社から内定をもらっていたので、こういうクラブにもよく来るはず!
やばいなぁ~

当時はバブル真っ最中だったので超売り手市場。
今では考えられないような大手4社から内定をもらっていた。
3社は断ってしまったので、今更内定を取り消されても困る・・・

考えに考えた末、1ヶ月で辞めた・・・
就職先の人が来る確率はそんなに高くないと思うけど、やっぱりトークがきつかったのね。
私にはお運びの仕事の方が合っているのよ(笑)

でも、お給料はとっても良かった。
週3回、1日3時間、1ヶ月しか働かなかったのに、就職してからの初任給と変わらなかった・・・
私みたいなぺーぺーでもこの金額。
ステージで歌っていたお姉さんはいくらもらっているのだろうか???
当時私は19歳、たいした苦労もしないで大金稼いじゃいけないわね。
その後の人生観が変わってしまいそう・・・
お金を稼ぐってたいへんなことなんだから。
スポンサーサイト
コメント
高級クラブのスカウトマンの目に留まるって事はumitoさんって相当べっぴんさんですね♡

ご主人も元黒服って事は男前だろうし現在は世界を股にかける商社マン(*゚▽゚*)
美男美女でオサレな家族なんだろうなぁ♡

憧れますぅ~♪
【2010/07/13 23:28】 | ふーみん #/RoFsMQc | [edit]
ふーみんさん

いえいえ、とんでもありませんっ
大したことありません!!
当時は人材が必要だったので、私程度でも声をかけられたのだと思います。
見た目デカイし、派手目だったので、目立っていたのではないかと(爆)
実物見てビックリしないでください(笑)

夫は昔吉田栄作に似ていると言われていたようですが(本人談←全く似ていない)、
今はチューブの前田です。メタボまっしぐらです・・・
【2010/07/13 23:54】 | umito #/p1nTf8Q | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kshino.blog50.fc2.com/tb.php/349-b888336c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。