スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

グアム旅行 3日目

 2009-08-03
今日はイルカウォッチング&シュノーケルツアーに参加する為、
早起きして朝食をさっさと済ませ、7:40にホテルロビーへ。
Alan1で予約し、大人2名、子供1名(3歳は無料)で153ドル。
基本的にオプショナルツアーに参加するのは好きではないのですが、
子供達がボートに乗りたい、イルカを見たいと言うので申込みしました。

お迎えの方が来て事務所まで送迎。
日本人ファミリーが6-7組いたでしょうか。 
総勢20人ぐらいで20分ほどバスに乗り、ボート乗り場へ。
ボートにはトイレと真水のシャワー付、お水とアイスティー飲み放題です。
出航しイルカが見つからないので先にシュノーケルポイントへ。
上の子は初めてシュノーケルを付けたのですが、思うように息つぎができず辛そう。
そのまま海に入り泳いでいました。
下の子は私や夫に思いっきりしがみつき海の中へ。
しがみつかれると私の方がおぼれそう(笑)
しかし、このエリアはボートの上からでも肉眼で十分お魚が見られます。
下の子と私はボート上から水面をがん見してました。

DSC06229_convert_20090803212457.jpg

30分ほどでシュノーケルタイムは終了。イルカを探しに行きます。
ここからがたいへんでした・・・
ボートは走っても走ってもイルカちゃんはいません。
海が荒れているわけではないのですが、ボートはかなり揺れます。
乗り物酔いする上の子は既に船酔い気味。
そうです、私も乗り物に弱いのです。
ダイビングのライセンス取得を諦めたほど船酔いするのです。
ツアーに申し込む前に一瞬不安が過ぎりましたが、クチコミで「船酔い」のことには
一切触れていなくて、すぐにイルカを見られる!ぐらい安易に考えていました。

船内にいるとツライので、甲板に出て海風に当たります。
上の子は夫にもたれて爆睡。船酔いをしていない下の子もうつらうつらと寝ました。
それほどの時間イルカを探しまくったということです。
「イルカはもういいから、帰りたい」とそればかり思っていました。
かなり辛くなり、ボートのクルーに「あとどのぐらいかかるの?」と聞きましたが、
「○○ポイントまで行くから」とまったく終わる気配なし。
さすがイルカ遭遇率95%です・・・

とうとうイルカの姿を発見し、ボートが停泊すると波でさらに揺れる揺れる。
上の子は限界、私もかなりヤバかったです。
気持ち悪いのがピークだったので、6頭のイルカの背びれを見ただけ。
夫が「こっちに来て!すごいすごい」と言っているのですが、ムリです。動けません。
イルカの姿に乗客が大興奮の中、お弁当が配られます。
見たくもありません・・・
私たちの他にも1/3ぐらいの方が船酔いをしていたので、
お弁当を食べている方はほとんどいません。
無事イルカが現れてホッとしたクルーはやっと船着き場へ戻ります。
私と上の子もホッ。
一便より二便の方がすぐにイルカに遭遇できるとは書いてあったので、
やはり二便にすれば良かったと後悔しました。
甲板に出ていたので日焼けしてしまったし、船酔いが辛かったしで最悪な時間でした。
二度と船には乗りません。(大昔も誓ったはずなのに懲りない人)

船から下りたら気分爽快(笑)、バスでホテルまで送迎してもらいます。
頂いた和食のお弁当(大人用2つと子供用1つ)だけでは足りなそうなので
ホテル1階のカフェチーノで、シェフサラダ、フルーツと焼きおにぎりセット
(焼きおにぎり3つとおみそ汁)を注文しました。
レンジでチンの焼きおにぎりですが、子供達は大喜び。久しぶりに日本の味です。
和食のお弁当もとても美味しかったです。

ツアーのシュノーケルがいまひとつだったので、お魚がたくさんいると評判の
ホテル前のビーチへ繰り出しました。
その前に部屋の掃除がまだだったので、ビーチから戻ってすぐシャワーを浴びられるように
「15時までに掃除を済ませて」とフロントにお願いしておきました。
イパオビーチは浅瀬なのですが、膝ぐらいの深さでもお魚がたくさんいます。
持参したお麩をばらまくと、お魚が群れで近づいてきます。
あまりの早さに子供達は認識できないようでしたが(笑)
最後はたくさんのお魚を見ることができました。
ビーチの砂は真っ白でお砂遊びも楽しかったです。

FH000012_convert_20090806120340.jpg
FH000023_convert_20090806120413.jpgFH000025_convert_20090806120458.jpg

遊び疲れてホテルに戻ると、な、なんとまだ部屋の掃除が終わっていない(怒)
もうすぐ16時になるのに・・・
16時に部屋の掃除が終わっていないというのは普通に考えても遅すぎ(怒)
びしょ濡れでクーラーがんがんの部屋で震えながら、隣の部屋にいた
ハウスキーピングのおばちゃんにすごい勢いで文句を言いました!
かわいい顔をしたおばちゃんは「私は聞いていない」の一点張り。
とにかくすぐにシャワーを浴びたいから、キレイなタオルをくれ!と言うと
2組しかないから、1組はあとで届けるとのこと。
夫と子供達がシャワーを浴びていると、おばちゃんとマネージャーらしきおばちゃんが
タオルを届けながら、「I'm very sorry.」と何度も言いながら部屋の掃除を始めました。
滅多に謝らない欧米人(笑)、珍しいな~と思いながら、まだ文句を言う私。
ゴミを捨て、ベッドをさっさと整え、ベッド脇に置いてあったチップも受け取らずまた謝る。
ゴミ箱の中にバドワイザーの缶を見つけると、バドワイザー3本をお詫びの印として
持ってきました。
私の怒りもおさまり(笑)無事終結。

ヒルトンは、部屋の掃除が行き届かない(窓のブラインドは埃だらけ)、
フロントは常に混んでいる、ハウスキーピングは電話しても出ない、
朝食のスタッフが少ない(人手不足)など非常に気になりました。
結局はその程度のレベルなのでしょうか? 他のホテルはどうなのかしら???

夜は友人のダンナさんが働いているレストランへ。
そのダンナさんとは8年ぶりの再開。
出会った頃から結婚式までよく知っているので懐かしかったです。
そのレストランで食事をする予定が、この日は貸し切りとのことだったので、
タモン中心地にある「FRIDAYS」に行きました。

ここでは、子供達はキッズバーガーとスパゲティー、私と夫はサーロインを注文。
タモンのど真ん中にあるので、日本人がどんどん入ってきます。
店内の日本人率80-90%(笑)、外で数組待っています。
月曜日なのにこの集客率すばらしいです!
さて、お味の方は、ミディアムレアを注文したのですが、やはり焼きすぎで
夫のステーキはかなり固く、珍しく残していました。
私の方は味は美味しかったのですが、とにかく大きくて食べきれません。
1年分のステーキを食べた気分。
付け合わせのカマンベールのフライとNYチーズケーキが非常に美味しかったのですが、
お肉で満腹で食べきれませんでした。
RUBY TUESDAYの方がお店の雰囲気も味も断然良いです。
お値段も若干安いかな。FRIDAYSは失敗しました・・・

食後、夫と子供達は先にホテルに帰ってもらい、私はタモンエリアでお買い物。
JPストア、PLAZAをブラブラしますが、欲しい物がない。
大好きなOPIのマニキュアを数本購入しただけ。
DFSへ行き、マークbyマークジェイコブスをチェックすると
以前欲しかったキャンバストートが30%オフになっているではありませんか!
もちろん即決、ご購入♪
他に欲しい物はなく、DFSから無料シャトルでヒルトンホテルまで帰りました。
思ったより早くホテルに私が戻ったので、夫はびっくり!!
「よほど買う物なかったんだね・・・」と。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kshino.blog50.fc2.com/tb.php/18-9855d76f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。